カニの食べ方

カニの上手な食べ方・さばき方


基本的にかにのさばき方は活きガニでもボイルや蒸しガニでも同じです。


包丁を使うか、ハサミを使うか。
甲羅から取り掛かるか、足から取り掛かるかの違いです☆


足のさばき方は料理や見栄えで変わる


料理の見栄え等で多少カニ足はさばき方が異なります。
phfi009-s.jpg


例えば・・・


鍋用だと、蟹足も船型に片側の殻を切って食べやすくしてますし、
カニしゃぶやカニの天ぷら、刺身やお寿司に使う用にポーションにするなら、
カニ足を関節から1センチ弱離れた部分の殻を身を傷つけないように1周して切ることで
するっと殻だけとれます。


また自分の好みでさばき方は変わってきますが
基本的にはどんなカニでも解体作業はほぼ同じで、
食べられる部分は食べやすくし、食べられない部分は取るという事ができればOKです☆


活きガニ・ボイルした(蒸した)蟹の上手なさばき方

CIMG3017.JPG
使うのは「かにバサミ」と軍手☆
痛いのを我慢できるなら素手?でも毛蟹の毛は刺さると痛い゚(゚´Д`゚)゚ので・・・
軍手したほうがいいです☆かに用の包丁がある方は包丁でもOK
ガニ・頭・中骨・ふんどしは食べられません☆


1.蟹の脚を切り落とす。(胴体部と脚の間の関節をジョッキンと切り落とします)
CIMG3021.JPG CIMG3022.JPG


2.脚を食べやすくするために縦に半分にカットします
その際、毛蟹なら甲羅が柔らかいので1で切った側の上か下のどちらか一部に切り込みを入れてから
一気に切ると半分に綺麗に切れます☆ズワイやタラバ・花咲は上下ともにハサミで切り込みを入れます。
白い部分の方が甲羅が柔らかいのでそちらを切りましょう。
CIMG3037.JPG


3.かにのハサミ部分の脚は甲羅が厚いので上下ともにハサミで切り込みを入れて半分にします。
ズワイ・タラバ・花咲は半分にするというよりは甲羅の片側をハサミで切って身をとりだしやすくする感じです。
※ポーションにしたい方は上の記事参考


4.次に胴体部分ですが、片方の手は甲羅の真ん中より下らへんの両側を、
もう片方の手はふんどしの付け根(かにのお尻っぽいところ)をもって上下に引き剥がします。
CIMG3025.JPG CIMG3026.JPG


5.胴体部分についているみそは甲羅の方に移動させます。
(タラバや花咲はボイルの場合みそは抜かれている場合がほとんどです)
CIMG3027.JPG


6.次はガニ(左右に何本かついているひらひらしたもの)を取り除きます。ガニは簡単に向けます。
CIMG3028.JPG


7.頭部分も食べられないのでハサミでジョキジョキ切り落とします。
ズワイ・タラバ・花咲の場合は頭部分の切り落としは固くて難しいので、
頭部分に固まっている内蔵は食べないようにしましょう☆


8.胴体部分のうらにある三角形のふんどしと呼ばれる部分も切り落としましょう。
関節を切るとさっと取れます。
CIMG3023.JPG CIMG3024.JPG


9.残った胴体部分を食べやすくします。まずは真ん中をバッサリ2等分に。
次は身を取り出しやすくするために縦半分にハサミで切ります。
足があった方に切り込みを入れてから切ると切りやすいです。
CIMG3029.JPG CIMG3030.JPG CIMG3032.JPG


10.盛り付けして出来上がり☆
すごく食べやすいのでおすすめです☆
CIMG3040.JPG



【関連記事】
おすすめカニ料理とレシピ☆パート1
おすすめカニ料理とレシピ☆パート2



<<<前の記事へ 茹でると赤くなるのはなんで?食べ終わってもカニを楽しむ方法☆
              >>>後の記事へ おすすめカニ料理とレシピ☆パート1



「ハズレ」な蟹に出会わない!ホンモノの美味しい蟹を通販できるショップランキングはこちら


一眼レフ